Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Photo by Alexander Mils from Pexels

ジムやホームジム、ホームトレーニングなど適度な運動はストレス解消や減量など様々な効果をもたらしてくれます。しかし、ジムであっても家であってもトレーニングはきつく感じるものです。誰もがそんなトレーニングの筋肉への効果を最大限にしたいはず。トレーニングは、朝食やトレーニング前の軽食などからすでに始まっているのをご存知でしょうか。トレーニングの筋肉への効果を最大限に引き出すプレ・ワークアウト・ミール(トレーニング前の食事)とは何かをご紹介します。

適切な栄養をトレーニング前に摂取すると、トレーニング中の身体の動きが良くなり、トレーニング後の筋肉疲労回復が早くなります。

日本発!エコフレンドリーなハイブリッドスタイルの新感覚トレーニング・ヨガマットが誕生!サスティナブル×アートが融合した次世代のヨガマットで、美しく健康的なカラダを目指しませんか?
ライフアクティベーションのヨガマット公式サイトはこちら

炭水化物

筋肉は炭水化物からの糖分を必要とします。特に短時間トレーニングや集中トレーニングなどは、筋肉のエネルギーとしてこの糖分が必要になります。

タンパク質

タンパク質をトレーニング前に摂取すると、筋肉の動きや筋肉疲労の回復を促進すると最近の研究で明らかになりました。

Photo by logan jeffrey on Unsplash

脂肪

長時間トレーニングや軽度運動の場合、筋肉は炭水化物ではなく、脂肪をエネルギー源とします。

食べるタイミング

何を食べるかだけでなく、いつ食べるのかそのタイミングも大切です。

運動の2~3時間前

トレーニングに一番効果をもたらすプレ・ワークアウト・ミールは、運動開始の2~3時間前に取る食事で、炭水化物、タンパク質、脂肪分をバランスよく含んでいる食事だと言われています。

運動の30~90分前

運動の2~3時間前にバランスの良い食事なんて、なかなか取れない人が大半ではないでしょうか。そんな時は運動の30分~90分前に軽食やおやつを口にすると良いでしょう。運動直前にたくさん食べてしまうと、お腹が張ったり、気分が悪くなったりしてトレーニングに支障が出る可能性があります。何か食べるのなら30分前までに摂取しましょう。

簡単に食べれるプレ・ワークアウト・スナック

運動の30~90分前に食べるなら、何か簡単に食べられるものが良いでしょう。例えば、バナナ、大麦を使ったシリアルバー、全粒小麦パンのグリルチキンサンドイッチに蒸しブロッコリーとサツマイモのサラダ、アプリコットやパイナップルなどのドライフルーツ、フルーツヨーグルト、ミックスナッツなどがお勧めです。もちろん、市販のプロテインバーやプロテインシェイクでも大丈夫です。

Photo by LYFE Fuel on Unsplash

良いトレーニングは食事から始まると言われるプレ・ワークアウト・ミールですが、空腹や満腹状態でするトレーニングよりも、筋肉のエネルギーとなるものを少しお腹に入れるだけで、身体の動きや運動後の回復が大きく変わるのを実感してもらえると思います。少量のドライフルーツやナッツ類ならダイエット中の方でもそんなに気にならないはず。プレ・ワークアウト・ミールやスナックを利用して、運動のダイエット効果を最大限に活かしましょう。

参考元:Helthline MediaInKin Social Fitness

日本発!エコフレンドリーなハイブリッドスタイルの新感覚トレーニング・ヨガマットが誕生!サスティナブル×アートが融合した次世代のヨガマットで、美しく健康的なカラダを目指しませんか?
ライフアクティベーションのヨガマット公式サイトはこちら
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加