CBDオイルの7つの利点と使用法
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Photo by Kimzy Nanney on Unsplash

カンナビジオールは、多くの一般的な病気に使用されている人気の自然療法です。CBDとして良く知られているカンナビジオールは、大麻またはマリファナ草であるカンナビス・サティバ(参照元1)に含まれるカンナビノイドとして知られる100を超える化合物の1つです。

テトラヒドロカンナビノール(THC)は、大麻に含まれる主な向精神性カンナビノイドで、マリファナ草とよく関連付けられる所謂「ハイ(多幸感)」を引き起こします。ただし、THCと異なり、CBDは向精神薬ではありません。この性質により、CBDはマリファナや特定の医薬品による精神作用などの影響なく、痛みやその他の症状を和らげることが出来るため、それらの症状に悩む人には魅力的な選択肢となっています。

CBDオイルは大麻草からCBDを抽出し、ココナッツオイルやヘンプシードオイルなどのベースオイルで希釈して作られています。

慢性疼痛や不安などの症状を緩和する可能性があることが科学的研究によって確認されており、健康やウェルネスの分野でCBDオイルは勢いを増しています。

ここで、科学的根拠に裏付けされたCBDオイルの健康上の利点を7つご紹介します。

1.痛みの緩和

Photo by Andrea Piacquadio from Pexels

マリファナは紀元前2900年まで痛み止めとして使用されてきました(参照元2)。最近になり、CBDなどのマリファナの特定の成分に痛みを和らげる作用があることが分かりました。

人体には内在性カンナビノイド系(ECS)と呼ばれれる特殊なシステムがあります。このシステムは睡眠、食欲、痛み、免疫反応など、様々な機能の調節に関連しています(参照元3)。人体は、神経系にあるカンナビノイド受容体に結合する内在性カンナビノイドという神経伝達物質を生成します。

研究によると、CBDは内在性カンナビノイド受容体に影響を与え、炎症を抑え、神経伝達物質と相互作用することで慢性的な痛みを軽減する働きをする可能性があります(参照元4)。

例えば、マウスを使ったある研究では、CBDを注射すると、外科手術切開に対する痛み反応を軽減することが分かりました。また、マウスを使った他の研究では、CBDの経口投与で坐骨神経痛と炎症が大幅に軽減することが判明しました(参照元56)。ヒトを対象とした複数の研究ではCBDとTHCを組み合わせたものが多発性硬化症と関節炎に関連する痛みの治療に効果的だと分かりました。

THCとCBDを組み合わせたSativexと呼ばれる経口スプレーは、多発性硬化症による痛みを緩和する治療薬としていくつかの国で承認されています。多発性硬化症患者47人を対象にした研究では、Sativexを1ヶ月服用した場合の影響を調べました。参加者たちの痛み、歩行、筋痙攣などに改善が見られました。しかし、対照群が含まれておらず、プラセボ効果を否定できません(参照元7)。別の研究では、Sativexが関節リウマチ患者58人の体を動かした時の痛み、安静時の痛み、そして睡眠の質を大幅に改善したことがわかりました(参照元8)。

[まとめ]
CBDは特にTHCと組み合わせると、多発性硬化症や関節リウマチなどの病気からくる痛みを軽減する可能性があります。

2.不安やうつ病を軽減

Photo by Anh Nguyen on Unsplash

不安やうつ病は、心身の健康に壊滅的な影響を与える可能性のある一般的な精神障害です。世界保健機関によると、うつ病は世界における障害の唯一にして最大の原因であり、不安障害は第6位にランクされています(参照元9)。

不安やうつ病は通常医薬品で治療されますが、それらの医薬品には眠気、興奮、不眠、性機能障害、頭痛など多くの副作用を引き起こす可能性があります(参照元10)。さらに、ベンゾジアゼピンのような薬は中毒性があり、薬物乱用に繋がる可能性があります(参照元11)。

CBDオイルは、うつ病と不安の両方の治療法として有望で、これらの障害に悩む多くの人がこの自然な治療方法に興味を持っています。ブラジルで行われた研究では、57人の男性に模擬演説テストを受けてもらい、テスト90分前に経口CBDかプラセボのいずれかを服用してもらいました。その結果、300㎎のCBDが演説テストの不安を最も効果的かつ大幅に軽減することが研究者により発見されました。プラセボ、CBD150㎎、そしてCBD600㎎はいずれも殆ど全く不安を改善しませんでした(参照元12)。

既にCBDオイルは心的外傷後ストレス障害を患う子供たちの不眠症や不安神経症を安全に治療するためにも使用されています(参照元13)。また、CBDは、他の動物実験でも抗うつ薬のような効果を示しています(参照元1415)。これらの性質は、気分や社会的行動を調整する役割のある神経伝達物質セロトニンの脳の受容体に作用するというCBDの特性に関連しています。

[まとめ]
 ヒトや動物を使った研究の両方で、CBDを使用すると不安神経症やうつ病を軽減すると分かりました。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品は、JANIS STOREで購入できます。

3.癌に関連する症状を軽減

Photo by Adam Nieścioruk on Unsplash

CBDは、吐き気、嘔吐、痛みなどの癌が引き起こす症状または癌治療の副作用を軽減する可能性があります。ある研究では、鎮痛剤で痛みが治まらなかった177人の癌患者に対しCBDとTHCの効果を調べました。両方の化合物を含む抽出物で治療を受けた人は、THC抽出物のみを投与された人と比較して痛みが大幅に軽減しました(参照元16)。

また、癌患者にとって最も一般的な抗がん剤治療の副作用である吐き気や嘔吐も、CBDで軽減する可能性があります(参照元17)。これらの副作用を抑える薬もありますが、薬の効果が現れない人もいることから、中には代わりになるものを求める患者もいます。抗がん剤治療中の16人を対象に行った研究では、CBDとTHCを1対1で組み合わせたものを経口スプレーで投与すると、抗がん剤が引き起こす吐き気や嘔吐が標準の治療薬だけよりも軽減することが分かりました(参照元18)。

試験管や動物を使った研究では、CBDが抗癌作用を持っている可能性をも示しました。例えば、ある試験管研究では、濃縮CBDがヒト乳癌細胞の細胞死を誘発することが分かりました(参照元19)。また、別の研究では、CBDがマウスの体内にある進行性乳癌細胞の拡散を抑制したことが判明しました(参照元20)。

ただし、これらは試験管および動物を使った研究なので、実際にはヒトにも同じような効果があるだろうと示唆することしかできません。結論を出すには、ヒトでの更なる研究が必要です。

[まとめ]
 CBDが癌の症状や癌治療による副作用を軽減する可能性が示され、抗癌作用の可能性があることも分かりましたが、その有効性と安全性を評価するには更なる研究が必要です。

4.ニキビを抑える可能性

Photo by Ayo Ogunseinde on Unsplash

ニキビは人口の9%以上に影響を与える一般的な皮膚の病気です(参照元21)。ニキビは、遺伝子、細菌、根底にある炎症、皮脂の過剰生成、皮膚の皮脂腺による油性分泌物など、多くの要因によって引き起こされると考えられています(参照元2223)。

最近の科学研究によると、CBDオイルには抗炎症作用と皮脂生成を減退させる作用があるので、ニキビの治療に役立つ可能性があります。ある試験管研究では、CBDオイルが皮脂腺細胞が過剰に皮脂を分泌するのを防ぎ、抗炎症作用を発揮し、炎症性サイトカインのような「ニキビ促進」剤の活性化を防ぐことが判明しました(参照元24)。他の研究でも同様の発見があり、CBDはその顕著な抗炎症作用のおかげで、効率的で安全なニキビ治療法かもしれないと結論づけています(参照元25)。

これらの結果は有望ですが、ヒトを対象にしたニキビに対するCBDの効果の研究が必要です。

[まとめ]
 CBDは、抗炎症性と皮脂腺での皮脂の過剰生成を抑制する能力から、ニキビの治療に効果があるかもしれません。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品は、JANIS STOREで購入できます。

5.神経保護作用の可能性

Photo by Robina Weermeijer on Unsplash

研究者達は、CBDには内在性カンナビノイド系やその他の脳のシグナル伝達系に作用する能力が、神経障害患者に効果をもたらすと考えています。実際に、CBDの用途研究で最も調べられているのは、てんかんや多発性硬化症などの神経障害の治療です。この分野の研究はまだ比較的新しいものですが、既に複数の研究が有望な結果を出しています。

CBDとTHCを組み合わせた経口スプレーSativexは、多発性硬化症患者の筋痙攣を軽減する安全で効果的な治療法であることが証明されています。治療薬が効かない筋痙攣に苦しむ多発性硬化症患者276人を対象にしたある研究によると、Sativexは対象者の75%で筋痙攣を軽減したことが分かりました(参照元26)。また、別の研究では、重度のてんかん患者214人に対し、体重1lbあたり0.9~2.3g(1kgあたり2~5g)のCBDオイルを投与したところ、発作が中央値で36.5%減少しました(参照元27)。もう一つ別の研究では、プラセボと比較すると、CBDオイルは、難治の小児てんかん障害であるドラベ症候群患者の発作を大きく減らすことを発見しました(参照元28)。ただし、これらの研究対象の中には、けいれん、発熱、倦怠感などCBD治療の副作用が出た人がいることを忘れてはいけません。

また、他にも複数の神経疾患の治療におけるCBDの潜在的有効性についても研究されています。例えば、複数の研究では、パーキンソン病患者の生活の質(QOL)や睡眠がCBD治療で改善されることが分かりました(参照元2930)。さらに、動物と試験管研究では、CBDが炎症を抑え、アルツハイマー病の神経変性を防ぐ作用をする可能性を示しています(参照元31)。ある、長期研究では、アルツハイマー病の遺伝的素因のあるマウスにCBDを与えたところ、認知機能低下の予防に役立ったことを発見しました(参照元32)。

[まとめ]
 研究は現時点ではある程度限られていますが、CBDはてんかんやパーキンソン病などの症状を緩和することが分かりました。また、試験管や動物研究でもアルツハイマー病の進行を抑えるという結果が出ています。

6.心臓を健康に保つ

Photo by Robina Weermeijer on Unsplash

最近の研究で、CBDには高血圧を下げるなど、心臓と循環器系への有益な作用があることが分かりました。

高血圧は、脳卒中、心臓発作、メタボリック症候群など多くの心臓疾患のリスクを高めます(参照元33)。

研究では、CBDの高血圧に作用する可能性が発見されました。最近のある研究では、健康な成人男子9人に対し600mgのCBDを1回投与したところ、プラセボと比較して、安静時血圧が低下したことが分かりました。また同じ研究で、対象者に通常血圧を上昇させるストレステストを行いました。すると興味深い事に、1回のCBD投与が、同じテストで見られる通常血圧の上昇よりも小さな血圧上昇を記録しました(参照元34)。研究者達は、CBDのストレスと不安を軽減する特性が血圧を下げる役割を果たしたことを示唆しています。

さらに、他の動物実験では、CBDの持つ強力な抗酸化作用とストレス軽減作用により、心臓病に関連する炎症や細胞死を軽減する可能性があることが分かりました。例えば、ある研究では、CBD治療で心臓病を併発している糖尿病マウスの酸化ストレスを軽減し、心臓の損傷を防ぐことが分かりました(参照元35)。

[まとめ]
 より多くのヒトを対象とした研究が必要ですが、血圧を下げたり心臓損傷を防ぐなど、心臓の健康に関して複数の利点がCBDにはあるようです。

7.その他の潜在的利点

CBDは、上記で大まかに説明した以外にも多くの健康問題の治療においてその役割を明らかにするために研究されてきました。

より多くの研究が必要ですが、以下に述べるような健康上の利点が考えられます。

  • 抗精神病効果:研究では、CBDが精神症状を軽減することで総合失調症やその他の精神障害患者に役立つ可能性を示しています(参照元36)。
  • 薬物依存症治療:CBDには薬物依存症に関連した脳内回路を変更できることが確認されています。マウス実験では、モルヒネ依存やヘロインを求める行動を軽減することが分かりました(参照元37)。
  • 抗腫瘍効果:試験管と動物研究で、CBDの抗腫瘍作用が実証されています。動物実験では、乳癌、前立腺癌、脳癌、結腸癌、肺癌の広がりを防ぐことが分かりました(参照元38)。
  • 糖尿病の予防:糖尿病の疑いのあるマウスを使った研究では、CBDを使った治療で糖尿病の発生率を56%減少させ、炎症も大幅に軽減しました(参照元39)。
[まとめ]
 CBDは糖尿病、薬物依存、精神障害や特定の癌への効果が、研究で明らかになっていますが、ヒトを対象にしたより多くの研究がまだ必要です。

副作用はあるのでしょうか?

CBDは一般的に忍容性が高く、安全であると考えられています。しかし、一部の人に副作用を引き起こす可能性があります。

研究で指摘された副作用は次の通りです(参照元40)。

  • 下痢
  • 食欲と体重の変化
  • 倦怠感
  • また、CBDと相互作用する薬があることも分かっています。

CBDオイルを使用し始める前に、安全を確保し、有害な相互作用の可能性を避けるために、医師に相談してください(参照元41)。これは、「グレープフルーツとの飲み合わせの危険性」が注意・警告されている医薬品やサプリメントを服用している場合は、特に注意が必要です。グレープフルーツとCBDはどちらも、薬物代謝に大切な酵素グループであるシトクロムP450(CYP)を妨害します(参照元42)。

マウスで行われた実験では、CBDを多く含む大麻抽出物で薬物性肝障害を引き起こす可能性があることが分かりました。ただし、この実験のマウスの一部は、非常に大量の抽出物を強制的に摂取させています(参照元43)。

[まとめ]
 一般的にCBDは安全だと考えられていますが、人によっては下痢や倦怠感などの副作用が出る場合があります。また、特定の医薬品の効果を妨げる可能性があります。

結論

不安、うつ病、ニキビ、心臓病など多くの一般的な健康問題の症状を緩和する可能性について、CBDオイルは研究されてきました。癌患者にとっては、痛みや症状を緩和する自然療法の手段となる可能性があります。CBDオイルの健康上の利点にかんしては、現在もまだ研究が進められている段階で、まだまだこれからも新たな自然療法の用途や治療法が発見されることは間違いないでしょう。

CBDの効果と安全性に関して学ぶことは多くありますが、最近の研究結果は、CBDが多くの健康問題に対して安全で強力な自然療法となる可能性を示唆しています。

CBDを試してみたい場合は、グミ、オイル、リキッド、バームなど多くの製品をJANIS STOREで購入できます。

出典元:7 Benefits and Uses of CBD Oil (Plus Side Effects) Written by Jillian Kubala, MS, RD on February 26, 2018

高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品は、JANIS STOREで購入できます。

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加