CBDオイルより効果があるって本当?今話題のCBDウォーターって何?
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Photo by Marvin Meyer on Unsplash

CBDオイルは日本にも近年多くの製品が輸入販売されるようになり、世界でも根強い人気を誇っています。CBDオイルが注目されるようになってから、CBD成分の入った様々な製品が化粧品から食品まで幅広く販売されるようになりました。その中でも今日は、人によってはCBDオイルよりも効果があると言われるCBDウォーター(CBD水)をご紹介します。

カンナビノイドとは

カンナビノイドはマリファナやヘンプなどの大麻植物に含まれる化学物質の総称です。麻に含まれている主なカンナビノイドはTHC(テトラヒドロカンナビノール)とCBD(カンナビジオール)ですが、大麻植物に含まれているカンナビノイドの種類は現在確認されているだけでも100を超え、中には最終的に200を超えると考える研究者もいます。各カンナビノイドの特性や人の体に与える影響などの研究はまだ初期段階で、カンナビノイド全ての種類の特性や副作用などが解明されるにはまだまだ時間がかかるでしょう。

CBDとして知られるカンナビジオールは、THCに次いで2番目に多く含まれており、大麻植物抽出液の最大40%を占めています。脳に影響を及ぼし高揚感や陶酔感などのいわゆる「ハイ」な状態にするTHCとは異なり、CBDにはそのような向精神作用がありません。CBDには、不安解消、痛み緩和、心臓と脳の健康改善など多くの利点があります。

様々なCBDオイルの利点に関しては、こちらの記事をご参照ください。

CBDオイルは筋肉だけでなく気持ちをリラックスさせ、不眠症などにも効果があります。また、抗炎症作用があり、痛みなども緩和します。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品は、JANIS STOREで購入できます。

CBDの合法性

CBD(カンナビジオール)には、脳に影響を与え高揚感や陶酔感など「ハイ」な状態にする向精神作用が無いため、THC(テトラヒドロカンナビノール)のような日本で禁止されている薬物ではありません。欧米では0.2~0.3%までのTHC含有量は産業ヘンプと見なされ、アメリカでは2018年に産業ヘンプの合法化が認められました。他にも、医師によるCBD処方薬は現在Epidiolexというてんかんに効くCBD薬が食品医薬品局(FDA)により認可されています。その他にも合成CBDとTHCの処方薬、nabilone、dronabinolなどがFDAにより認証されており、合成CBDとTHCの混合薬であるSativexは、アメリカでは現在治験中ですが、カナダやヨーロッパではすでに認可されています。日本では完全に検知不可能なゼロTHC製品のみが厚生労働省の審査・認可を受け、日本に輸入されています。

THCとは

THC(テトラヒドロカンナビノール)は、CBDと同様に大麻植物に含まれる化学物質で、違法薬物であるマリファナ特有の向精神作用のほとんどに関係しています。私たちの体内にあるカンナビノイド受容体は、思考、記憶、喜び、協調、時間知覚に関連する脳の特定領域に集中して存在しています。THCはこれらの受容体に付着し、受容体を活性化し、人の記憶、喜び、身体の動き、思考、集中力、協調性、感覚、時間知覚に影響を与えます。

THCとCBDの違いなど詳細はこちらの記事をご覧ください。

CBDとは

CBDは向精神作用のないカンナビノイドで、THCのように気分が高揚することはありません。一般的には、痛みや不安を緩和するために使用されています。CBDの研究は他のカンナビノイドのようにまだ初期段階ですが、複数の初期研究で有望な結果が報告されており、非常に優れた安全なプロファイルを持っていることが分かっています。

Photo by Girl with red hat on Unsplash

CBDウォーターとは

CBDウォーター(CBD水)とは、水にCBDの粒子を注入して作られ、現在市場に出ている最新のCBD製品になります。各CBD水のメーカーは、オイルよりも簡単に摂取することができる上に、その潜在的な健康上の効果を得ることができると主張しています。

CBD水のボトルには「ナノ」と表記されているものが多く、それはナノエマルジョンのことを指しています。ナノエマルジョンとは、オイルベースの薬の生態学的利用能を改善するために開発された製薬技術です。生態学的利用能とは、実際に血流に吸収される薬物の量を示します。例えば、舌下吸収でCBDオイルを摂取した場合、CBD含有量の約10~15%しか血流に吸収されないため、CBDオイルのような従来の摂取方法では生態学的利用能が非常に低くなります。しかし、ナノエマルジョンを使った場合、水中の分子が付着しにくくなるためにオイルと相互作用する可能性が高くなり、一緒にかき混ぜることで水に含まれるCBDは微細な液滴に分解され、油が水から分離するのを防ぎます。このプロセスのおかげで、従来の摂取方法よりもCBDの吸収率が高くなります。そのため、CBDオイルを自分で水に混ぜるよりも、ナノエマルジョン技術を使って製造された市販のCBD水の方が体に吸収されやすいと示唆されています。

日本発!エコフレンドリーなハイブリッドスタイルの新感覚トレーニング・ヨガマットが誕生!サスティナブル×アートが融合した次世代のヨガマットで、美しく健康的なカラダを目指しませんか?
ライフアクティベーションのヨガマット公式サイトはこちら
ヨガやエクササイズの動画も配信中。ライフアクティベーション公式動画チャンネルはこちら

CBD水の効果

  1. 心配や不安を軽減
    複数の研究で、CBDが脳内の受容体と相互作用し、ストレスと不安を緩和することが分かりました。また、CBDは脳や身体に存在するCB1およびCB2カンナビノイド受容体と相互作用することで、コルチゾールレベルを低下させる可能性があります。また、別の研究では、CBDがマウスのセロトニン値に顕著な影響を与えることが分かり、これはCBDが不安神経症に役立つ可能性を示唆しています。
  2. 運動後の回復をサポート
    CBDとその他のカンナビノイドは、抗炎症作用で知られていますが、CBD水はアスリートにとってさらに有益である可能性があります。炎症は筋肉痛を引き起こす要因の一つで、CBD水の水が水分補給に適しているだけでなく、CBDの抗炎症作用が筋肉痛を防ぎ、運動後の筋肉の回復をサポートする可能性を示しています。
  3. 心臓の健康に役立つ
    CBDは血圧を下げ、心臓血管の全体的な健康を改善するのに役立つ可能性があります。しかし、これらを裏付けるにはより多くの人を対象として研究が必要です。
  4. 片頭痛を緩和
    CB1とCB2受容体とCBDの相互作用が片頭痛の緩和にも役立つ可能性があります。カンナビノイドはその抗炎症作用と鎮痛作用が片頭痛の急性および予防的治療に有望だとの見解が、2018年薬理学フロンティア誌のレビューで言及されています。しかし、それを裏付けるにはまだ多くの研究が必要です。また、水分補給は片頭痛の予防にも役立ちます。

CBD水の欠点

市販されているCBD水には次のような問題があります。

含まれているCBDの量が最小限
現在市販されているCBD水のどれにもCBDが極少量しか入っていません。1杯に含まれているCBDの量はブランドによって異なりますが、ほとんどのブランドの製品は約2~5mgのCBDしか含んでいません。推奨用量は異なりますが、ほとんどの研究で効果を得るために1日あたり最低15mgのCBDを使用しています。多くの企業がナノテクノロジーを使用し、粒子サイズを小さくすることでCBDの吸収率が高まると主張し、製品のCBD含有量の少なさを正当化しています。しかし、ナノエマルジョンを利用したCBDの体内吸収率に関する研究は限られているため、この正当性を確かめるにはまだ多くの研究が必要です。

光と空気によるCBDの劣化
CBDは非常に不安定な化合物なのでその薬効を維持するためには注意が必要です。特に光や空気にさらされると、化合物が分解されて潜在的な効能が失われる可能性があります。ほとんどのCBD水は、透明な容器で明るい電灯の下にある食料品棚に数日または数週間保管されています。このような状況下で保存されたCBDは劣化している可能性が高いと言えます。カンナビノイドに対する保管状況の影響を調べた研究では、光に曝露されたCBDの劣化が最も多く報告されました。温度はさほど影響しませんでしたが、空気にさらされるとカンナビノイド含有量の大幅な損失に繋がりました。これは、CBD水の栓を開けると同時に、水に含まれているCBDが分解し始めることを意味します。

CBD水は高価
CBDを試してみようと考えている人にとってCBD水は最も高価なCBD摂取方法の1つになります。473mLの瓶1本(1回分)で4~7USドル(税金、送料抜き)で、大量購入割引を利用しても1本最低3ドルぐらいになります。一方で、CBDオイルは1回分が2USドル以下で購入できます。

Photo by CRYSTALWEED cannabis on Unsplash

CBD水の副作用

CBD水には次のようなリスクと副作用が考えられます。

  • 常用薬や頻用薬との相互作用:CBD単体では深刻な副作用は報告されていませんが、他の薬と相互作用することが分かっているので、常用薬や頻用薬がある人はCBD水を事前に医師や薬剤師に相談してください。
  • グレープフルーツ警告がある薬との相互作用:CBDもグレープフルーツと同様に処方薬の3分の1以上を分解する2種類のp-450肝臓と腸の酵素と相互作用することが明らかになっているため、グレープフルーツ警告のある薬と併用してはいけません。
  • 妊娠中または授乳中の女性:CBDの妊娠中または授乳中の女性に対する影響を調査する研究のデータがほとんどないため、妊娠中・授乳中の女性はCBD水の使用を控えた方が良いでしょう。

何か慢性疾患などの持病がなく、CBD消費量もパッケージに書かれている最大摂取量を超えない限り、CBD単体での深刻な副作用は報告されていません。CBD水に含まれるCBDの量は極少量なためリスクは低いでしょう。

まとめ

CBDには抗炎症作用や鎮痛作用、不安緩和など様々な効果がありますが、CBD水のCBD含有量は極少量の上に、明るい店内に透明の容器で棚に並べられているため、私たちがCBD水を飲むまでに水に含まれているCBDが分解されてしまっている可能性があります。また、空気にさらされるとCBDの分解が始まるため、ボトルの栓を開けたらなるべく早く消費する必要があります。値段も他のCBD製品と比べると割高なので、ナノエマルジョンで製造されたCBD水が本当にその値段に見合う効果を持っているのかどうかは疑問が残ります。それでも、エクササイズやウォーキング中などの水分補給の際にCBD水を使用すればCBDの抗炎症作用が筋肉痛を防ぎ、エクササイズ後の筋肉回復を促進する可能性があります。CBD含有量が微量なので、気軽に試してみたいと思われる方には良いかもしれません。

参考元:healthlineHerbWell+Good

CBDオイルは筋肉だけでなく気持ちをリラックスさせ、不眠症などにも効果があります。また、抗炎症作用があり、痛みなども緩和します。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品は、JANIS STOREで購入できます。
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加