CBD製品でよく見かける「ブロードスペクトラム」と「フルスペクトラム」ってどう違うの?
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Photo by CRYSTALWEED cannabis on Unsplash

最近日本でも注目されているCBDオイルですが、オイル以外の製品も多くあり、外用クリームからグミまで様々な製品が出てきました。また、CBDオイルの種類も、ブロードスペクトラム、フルスペクトラム、アイソレートなど普段あまり目にすることのない用語が書いてあるものもあります。今日は、その中でもブロードスペクトラムとフルスペクトラムに焦点を当ててその違いを見てみたいと思います。

CBDとは

CBDとして知られるカンナビジオールは、大麻植物に由来する現在北米で幅広く人気のある化合物(カンナビノイド)の一種です。100種類以上あると言われるカンナビノイドは、テトラヒドロカンナビノール(THC)に次いで2番目に多く含まれており、大麻植物抽出液の最大40%を占めています。脳に影響を及ぼし高揚感や陶酔感などのいわゆる「ハイ」な状態にするTHCとは異なり、CBDにはそのような向精神作用がありません。CBDには、不安解消、痛み緩和、心臓と脳の健康改善など多くの利点があります。

CBDオイルの利点に関しては、こちらの記事をご参照ください。

CBDの合法性

CBD(カンナビジオール)には、脳に影響を与え高揚感や陶酔感など「ハイ」な状態にする向精神作用が無いため、THC(テトラヒドロカンナビノール)のような日本で禁止されている薬物ではありません。欧米では0.2~0.3%までのTHC含有量は産業ヘンプと見なされ、アメリカ食品医薬品局(FDA)などの政府機関で認可されています。日本では完全に検知不可能なゼロTHC製品のみが厚生労働省の審査・認可を受け、日本に輸入されています。

CBDには抗炎症作用からアンチエイジングまで様々な効能があります。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品はJANIS STOREで購入できます。

CBDの種類

CBD製品には、アイソレート、ブロードスペクトラム、フルスペクトラムの3種類があります。

CBDアイソレート
アイソレートは、ヘンプや大麻草から成分を抽出する際、CBD以外の成分を全て取り除いたときに生成される結晶のことです。結晶は純粋なCBDで、通常粉末または固形で販売されていますが、アイソレートを使ったCBDオイルもあります。電子タバコや料理、飲み物に混ぜるなどして服用が可能です。アントラージュ効果が無いため効能範囲は狭まりますが、THCなどカンナビノイドのCBD以外の成分に敏感な人やアレルギー反応が出る人はアイソレートがお勧めです。

CBDブロードスペクトラム
ブロードスペクトラムにはTHCが含まれていません。成分抽出段階でTHCは除去し、ヘンプ又は大麻草に含まれているその他の成分はそのまま残されています。そのため、アイソレートのように100%CBDのみというわけではなく、CBC、CBG、CBNなどのカンナビノイドやテルペン、フラボノイドなどが含まれています。製品の中には、アイソレートにテルペンやフラボノイドを添加しているものもあります。

CBDフルスペクトラム
フルスペクトラム製品にはヘンプ又は大麻草に含まれる全ての成分が入っていますので、微量ですがテトラヒドロカンナビノール(THC)も含まれています。通常ブロードスペクトラムよりもかなり濃い緑色又は茶色で、強い草の香りがします。ヨーロッパでは0.2%まで、アメリカでは0.3%までのTHC含有量は合法とされています。また、アメリカの特定の州やカナダなど大麻草(マリファナ)を合法化している場所では、より多くのTHCを含んだフルスペクトラム製品が製造・販売されています。日本は如何なる量のTHCも禁止していますので、THCが含まれるフルスペクトラム製品は輸入・販売禁止となっています。

Photo by Jakub Matyáš on Unsplash

CBDブロードスペクトラム製品の利点

アイソレートに比べるとテルペン(大麻草の香りに影響を与える化合物)、フラボノイド、他のカンナビノイドなどの成分が入っているため、効能の幅が広く(多少のアントラージュ効果あり)、様々な症状に対する効果が期待できます。また、THCが入っていないため、脳に作用して高揚感や陶酔感などを引き起こす向精神作用の心配がありません。日本でも入手可能です。

CBDブロードスペクトラム製品の欠点

THCが入っていないのでフルスペクトラム製品より効き目が低い可能性があります。まだ多くの研究が必要になりますが、痛み緩和や痙攣・てんかん発作など特定の症状にはCBDとTHCの両方が作用することによってより効果的になると言われています。

日本発!エコフレンドリーなハイブリッドスタイルの新感覚トレーニング・ヨガマットが誕生!サスティナブル×アートが融合した次世代のヨガマットで、美しく健康的なカラダを目指しませんか?
ライフアクティベーションのヨガマット公式サイトはこちら
ヨガやエクササイズの動画も配信中。ライフアクティベーション公式動画チャンネルはこちら

CBDフルスペクトラム製品の利点

フルスペクトラム製品の最大の利点は、「アントラージュ効果」です。アントラージュ効果とは、ヘンプや大麻草に含まれる複数の成分が一緒に作用することで、各々が単体で作用するよりもはるかに高い効果を生み出す現象のことを意味します。アントラージュ効果を引き起こす成分には、フィトカンナビノイド(THCやCBDを含む)、フラボノイド、テルペン、健康に良い脂肪酸が含まれます。ヘンプや大麻草成分の効能を最大限に活かすにはフルスペクトラム製品が最適です。

最新の研究では、フィトカンナビノイドとテルペンを一緒に摂取すると、痛み、炎症、不安緩和に役立つと示唆されています。また、2005年に行われた研究でも、植物全部を使用して抽出したフルスペクトラムは、CBDのみよりも優れた薬効があるとの結果が出ています。

CBDフルスペクトラム製品の欠点

アントラージュ効果をもたらすフルスペクトラム製品ですが、THC濃度の高いものや微量のTHC含有量でも大量に摂取するとTHCの摂取量が多くなるため、「ハイ」な状態になってしまう可能性があります。しかし、全てのフルスペクトラム製品が陶酔感を引き起こすわけではありません。THC0.3%以下のフルスペクトラム製品の場合、少量摂取しても陶酔効果を引き起こす可能性はほとんどありません。しかし、薬物検査を受けると体内でTHCが検知されます。

CBDフルスペクトラム製品は、THCを含んでいますので、現在の日本の法律では輸入・製造が禁止されているため日本では入手できません。

Photo by pariwat pannium on Unsplash

アントラージュ効果とは

アントラージュ効果とは、カンナビノイドはテルペン、フラボノイド、その他のカンナビノイドなどを含む自然の植物化学物質をより多く含む場合に、より効果的な作用を引き起こすという理論に基づいています。これは、プラス効果(有効性)の増幅とマイナス効果(忍容性)の変調の両方に現れ、ヘンプと大麻草に関して言えば、植物の一部を使用するよりも全部を使用した方が大きい効果が得られるという意味になります。

数多くあるカンナビノイド、テルペン、そしてフラボノイド間の相互作用は非常に複雑で、これらを解析するには数十年かかると言われています。

まとめ

ブロードスペクトラムとフルスペクトラムの違いは簡潔に言うと、THCが入っているか入っていないかの違いだという事が分かりました。微量でもTHCが入っている方がアントラージュ効果をフルに引き起こすため、高い効果が期待できます。0.2~0.3%までのTHC含有量が許可されている欧米では、アイソレートを使用したCBDオイルやブロードスペクトラムよりもフルスペクトラム製品の方が注目を浴びています。しかし、ブロードスペクトラムは、「ハイ」になる危険性を気にすることなく、ヘンプや大麻草に含まれる成分の効能の多くを得られるために根強い人気を誇っています。日本ではTHCが禁止されているため、フルスペクトラム製品の輸入は出来ませんが、ブロードスペクトラム製品なら入手可能です。ブロードスペクトラム製品は、通常のCBDオイルよりもアントラージュ効果が期待できるので、CBD製品を試そうと考えている方にはブロードスペクトラム製品がお勧めです。

LIFE ACTIVATIONでは、安全で高品質のCBD製品を販売しています。製品ラインナップはこちらからどうぞ。

参考元:healthlinehonahlee

CBDには抗炎症作用からアンチエイジングまで様々な効能があります。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品はJANIS STOREで購入できます。
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加