ライフスタイルや目的に合ったCBD製品を選ぼう!CBD製品の種類と選び方
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Photo by Elsa Olofsson on Unsplash

最近注目されるようになったCBDオイルですが、オイルだけでなく様々な製品があることをご存知ですか?CBD(カンナビジオール)は、ヘンプ(麻)や大麻草(マリファナ)に含まれている2大成分の1つで、同じようにヘンプや大麻草から採れるTHC(テトラヒドロカンナビノール)と異なり脳に影響を与え高揚感や陶酔感などの「ハイ」にする作用が無く、合法で幅広い効能のある成分です。(CBDオイルの利点はこちらの記事をご参照ください。)

一般によく目にするのは「CBDオイル」ですが、グミやサプリ、クリームなど様々な製品があります。今日は、それらの製品と選び方をご紹介したいと思います。

【CBDって違法じゃないの?】

CBD(カンナビジオール)には、脳に影響を与え高揚感や陶酔感など、いわゆる「ハイ」な状態にする向精神作用が無いため、THC(テトラヒドロカンナビノール)のような日本で禁止されている薬物ではありません。欧米では0.2~0.3%までのTHC含有量は産業用ヘンプと見なされ、アメリカ食品医薬品局(FDA)などの政府機関で認可されています。日本では完全に検知不可能なゼロTHC製品のみが厚生労働省の審査・認可を受け、日本に輸入されています。

CBDの効能

ヘンプに含まれるCBDを含むカンナビノイドの研究はまだ始まったばかりで、現在でも世界中で多くの研究・臨床試験が行われています。科学的根拠が完全に立証されたわけではありませんが、現在のところ下記のような効能が判明しています。

  • 痛み緩和
  • 不安・うつ症状軽減
  • がん治療の副作用を軽減
  • てんかん発作・症状軽減
  • 抗炎症作用
  • 痙攣軽減
  • 神経変性疾患の症状軽減
  • にきび治療
  • アンチエイジング

CBDの利点に関しては、こちらの記事をご参照ください。

CBDには抗炎症作用からアンチエイジングまで様々な効能があります。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品はJANIS STOREで購入できます。

CBDの危険性と副作用

CBDは、人体にとって安全な成分ですが、他の薬と相互作用して副作用を引き起こす可能性が報告されています。常用薬や頻用薬のある人は、CBDと服用されている薬品成分の相互作用により次のような副作用をもたらす可能性がありますので、使用前に必ず医師や薬剤師に相談してください。

  • 口渇
  • 眠気
  • 倦怠感
  • 下痢
  • 食欲や体重の変化

Photo by Tim Foster on Unsplash

CBD製品を選ぶ時の注意

CBDの研究が進みその効能が明らかになるにつれて、より多くの製品が引き続き市場に出てくると予想されます。それに伴い、日本にも多くのブランド・製品が販売されるでしょう。その中から製品を選ぶ時に注意したい点は次の通りです。

  • 製品の種類:オイル、グミ、サプリなど様々な形で製造されています。
  • 効力:効力は通常CBD含有量(mg)で表示されています。含有量が高ければ良質だと考えられますが、どの症状にどのぐらいのCBD量が最も効果的なのかなどの詳細はまだ解明されていません。
  • CBDの種類:アイソレート、ブロードスペクトラム、フルスペクトラムがあります。フルスペクトラムには、微量(0.2~0.3%以下)のTHCが含まれているため、日本で購入または輸入はできません。
  • 材料や原産地:産業用ヘンプ自体はテキスタイルなどにも使われるため、世界中で生産されていますが、CBDオイルに使うものは、アメリカ(特にコロラド州)やカナダ、英国や北欧がオーガニック栽培やオーガニックオイルを使用するなど高品質製品に力を入れています。
  • メーカーやCBD抽出方法:アルコールなどの溶剤を使う方法、オイルで加熱する方法、CO抽出法があります。
CBDには抗炎症作用からアンチエイジングまで様々な効能があります。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品はJANIS STOREで購入できます。

CBD製品の種類

現在CBD製品にはオイルだけでなく次のような種類がありますが、CBDの研究が進むにつれて用途が広がり、製品の種類も増える可能性があります。

オイル
CBDオイルは、CBD抽出物とキャリアオイルで出来ています。キャリアオイルには、ココナッツオイルやグレープシードオイル、MCTオイルなどがあります。製品を選ぶ時には、どのキャリアオイルを使用しているのかもチェックしましょう。メーカーによっては、CBD抽出物だけでなく、テルペン、フラボノイド、エッセンシャルオイルなどを入れている製品もあります。CBDオイルは通常、経口で使用します。そのまま飲むか、飲み物や食べ物、料理に使用でき、マイルドでナッツ類のような香りがあります。電子タバコで吸うことも可能です。肌に塗ることもできますが、外用に製造されたクリームやバームの方がより効果があります。キャリアオイルに使われているオイルを確認し、オイルにアレルギーのある場合や、消化器系が油物をあまり受け付けない場合は、CBDティンクチャ―や他の製品を選ぶと良いでしょう。

ティンクチャ―
CBDティンクチャ―は、アルコールベース又は植物オイルベースの抽出物です。アルコールベースのCBD抽出には高度アルコールが溶剤として使われ、消費期限も3~5年と長いですが、特有の苦みがあります。この苦みを消すために、甘味料、フレーバー、植物性グリセリンなどを添加している製品があります。また用途に応じて、ビタミンやハーブ、メラトニンなどのサプリメントなどを追加しているものもあります。ティンクチャ―は通常、舌の下に数滴落として吸収させるので、迅速に効果が現れます。また、関節など肌に直接塗ることも可能です。アルコール成分に敏感な人は、オイルベースまたはCBDオイルを選ぶと良いでしょう。

食品
CBDを使った食品には、お茶などの飲み物やチョコレート、グミなどがあります。特にグミは、CBD食品として大きく普及しており、色々なフレーバーや異なる濃度の製品があります。糖尿病などで砂糖の摂取量を制限している人は、グミやチョコレートではなく、CBDティーやオイル、ティンクチャーなどがお勧めです。

電子タバコ
電子タバコ(ベイプ)は、気化したCBDを吸い込む方法で、舌下吸収同様に非常に速く効果が現れますが、肺損傷などのリスクを伴います。ワックスやアイソレートの粉末、ベイプ用リキッド、オイルなどが使用可能です。禁煙中でタバコの代わりに吸いたいなど特別な理由がない場合はリスクを考慮して、ティンクチャ―など舌下吸収できる方が同様の効き目がある上により安全に使用できます。オイルやティンクチャ―同様、様々なフレーバー付きで販売されています。

Photo by Pachamama CBD on Unsplash

外用製品(クリーム・ローション・バーム)
直接体内に摂取するのは少し心配という人は、外用のクリーム、ローション、バームなどがあります。外用製品は主に、関節痛やリウマチなどの痛み緩和に使用されることが多いですが、不安軽減やリラックス効果もあります。ただ、体内摂取するオイル、ティンクチャ―、ベイプ吸引などとは異なり、効き目がゆっくりです。比較的早く効果を感じる人もいますが、数時間経たないと効き目を感じない人もいます。

アイソレート
CBDアイソレートは、純粋なCBDの結晶性固体または粉末です。ブロードスペクトラムやフルスペクトラム製品とは異なり、製造過程でCBD以外の成分を全て取り除いた際に生成される純粋なCBDです。ブロードスペクトラムやゼロTHCと言われる製品でも、機器で検知できないほど極微量のTHCが含まれている可能性があります。THCやその他の成分に敏感な人やアレルギーなどがある人には、純粋なCBDであるアイソレートがお勧めです。ブロードスペクトラムやフルスペクトラムに比べると効能の範囲は狭くなりますが、研究では不安や痛み緩和の効果が報告されています。

経口フィルム
経口フィルムは、最新のフィルムテクノロジーを使った、CBD抽出物を含んだ口の中で溶ける薄いフィルムです。フィルムを頬の内側や舌下に貼って吸収させるので、ベイプやティンクチャ―と同じように効果が迅速に現れます。

化粧品
CBDを含んだ化粧水やウォッシュは、CBDの持つ抗炎症作用がニキビや吹き出物の炎症、腫れ、痛みを軽減し、アトピーや乾癬などの症状を緩和する可能性があります。現在、ウォッシュ、化粧水、セラムやリップクリームなど様々な製品が出てきています。

インティメイト製品
日本ではまだ馴染みの少ないインティメイトケアですが、CBDインティメイト製品は、CBDの抗炎症作用と抗酸化作用で、膣ケアやデリケートゾーンを石鹸などに含まれる化学物質から守るのに最適です。

まとめ

CBD製品は現在多くの製品がオンラインで購入可能です。また、CBD製品を取り扱うお店や専門店、CBDカフェなども出てきていますし、製品が増えるにつれてより入手しやすくなるでしょう。CBD製品はその形態も様々で、これからもっと色々な方法で使用できるように製品種類も増えていくと考えられます。経口摂取に抵抗のない人には、飲み物に数滴入れたり、サラダドレッシングに加えたりするなど、使用方法は無限にあります。また、体内摂取が不安な人はクリームやバームなどから始めてみてはいかがでしょうか。自分のライフスタイルや目的にあった製品を選んでください。

LIFE ACTIVATIONでは、高品質で安全なCBD製品を販売しています。製品ラインナップはこちらからどうぞ。

参考元:healthlineMedical News Today

CBDには抗炎症作用からアンチエイジングまで様々な効能があります。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品はこちらから購入できます。

Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加