毎日ヨガをする45の理由(前編)
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Photo by Надя Кисільова on Unsplash

コロナウイルスの大流行で、日常の様々なことが非日常となり、私たちは知らず知らずのうちに多大なストレスと負担を心身に与えています。そんな中、瞑想効果もあるヨガは、身体の健康だけでなくストレス解消にも良いと多くの人が感じていると思います。ヨガはスタジオだけでなく家の中でも出来る理想的なエクササイズ。そんな良いとこだらけのヨガですが、毎日するにはなかなかモチベーションを保てない。そんなあなたに、毎日ヨガをする45の理由をお届けします。今回は1から23までの前編です。

1.気分が向上します。

ヨガをしたことのない人は、ホームヨガや動画を見ながらなど気軽に出来る方法で、ヨガに挑戦してみてください。心身ともにリラックスすることで気分が良くなり、様々なものが今までと違って新鮮に感じるはずです。百聞は一見に如かず。トライしてみましょう!

日本発!エコフレンドリーなハイブリッドスタイルの新感覚トレーニング・ヨガマットが誕生!サスティナブル×アートが融合した次世代のヨガマットで、美しく健康的なカラダを目指しませんか?
ライフアクティベーションのヨガマット公式サイトはこちら
ヨガやエクササイズの動画も配信中。ライフアクティベーション公式動画チャンネルはこちら

2.身体が柔軟になります。

毎日数分、下向き犬のポーズや英雄(戦士)のポーズなどを練習するだけで身体が柔らかくなり、今まで手の届かなかったつま先や床に手が届くようになるでしょう。ヨガには身体を柔らかくするポーズが多く含まれているので、身体が硬い人でも練習しているうちに、自分の体の変化に気付くでしょう。

3.身体の動きが滑らかになります。

身体の柔軟さと共に気づくのは、動きが滑らかになることでしょう。ヨガのポーズは、筋力を構築するものが多く、筋肉の結合組織を刺激し、適切に働くように訓練します。ストレスや不安は私たちの筋肉組織を疲労、収縮、そして硬くしてしまいます。ヨガは、それらの固まった筋肉をほぐし、筋肉組織がスムーズに動くように働きかけます。

4.筋力と体力が向上します。

ヨガは、身体を柔らかくし動きを滑らかにするだけではありません。ヨガを練習すれば分かりますが、驚くほど筋力そして体力を必要とします。筋力および体力は、怪我を予防したり、抵抗力や新陳代謝を向上したり、日常生活をスムーズに行えるようにしてくれます。

5.免疫力が向上します。

どのヨガポーズも、免疫力を上げるのに役立ちます。特に、ヨガは身体をねじったり、反転させたりするので、身体が交感神経系(ストレスや炎症を引き起こす闘争・逃走反応)ではなく、副交感神経系(休息と消化)に多くの時間を費やすことになり、その結果、免疫力が上がります。

6.ダイエット効果があります。

ダイエット効果があるのは、ホットヨガや高強度(HIIT)ヨガだけではありません。減量のためにリラックスヨガをする人は少ないと思いますが、通常のリストラティブヨガを48週間続けた結果、通常のストレッチトレーニングをした人よりも、予想以上に多くの皮下脂肪が減ったという研究結果が出ています。また、別の研究では、リストラティブヨガのポーズを非常にゆっくりとした動きで、長時間ホールドしながら深呼吸を沢山することで、お腹の脂肪を減らす効果が見られました。ヨガは、カロリーを消費し、ストレスを軽減し、他の運動能力を上げ、自分をより深く見つめることで「過食」などの衝動を抑えることが可能となり、これらが減量に役立っていると考えられます。

7.集中力を高めます。

精神を落ち着けることで、集中力が向上します。ヨガは、精神を一点集中させる能力を発達させると言われています。精神がより周りの環境と今という瞬間を意識できるようになります。ヨガクラスの後は、精神集中できるようになり、情報をより正確に処理し、断片的な情報であっても、それを学び、保持し、最新情報に更新することが可能になるとの研究結果が出ています。

Photo by Eternal Happiness from Pexels

8.エネルギーレベルを調整します。

練習するヨガポーズによって、体内のエネルギーレベルを調整することができます。例えば、毎朝なかなか起きられない、力が入らない、という人は太陽礼拝のポーズやカパラバティ呼吸法などを10セットしてみましょう。身体の神経系統のエネルギーが補充されるのを感じることができる思います。反対に、仕事や学校から帰宅し、ゆっくり休みたい時にア-サナを数分すれば、精神のバランスを改善し、心を落ち着かせることが出来ます。木のポーズなどの背骨を伸ばすポーズは、エネルギーの体内循環を促し、コブラのポーズなどの胸部を開くポーズは吸気を増やします。毎日25分間ヨガを練習するだけで、体内のエネルギー量が大幅に増加したという研究結果もあります。これは、ヨガがエンドルフィンの分泌と脳内の血液循環を促し、否定的思考に囚われないようにしてくれるためだと考えられます。

9.新陳代謝が向上します。

朝ヨガは、血液の循環を良くし、呼吸や筋肉を朝食前に動かすことで、朝食から栄養を体内に吸収する働きを助けます。毎日ヨガを行う事で、筋力が上がり、それが新陳代謝向上に繋がり、正しく深呼吸することで向上した新陳代謝を保ちます。

10.他の運動能力が向上します。

ヨガポーズを繰り返し行うことで、結合組織の適応性が高まり、筋肉が無駄なく、より効果的に動くようになります。これにより、ヨガだけでなく、他のスポーツのパフォーマンス向上に繋がります。

11.心配・不安を軽減します。

浅い息、悪い姿勢、緊張した筋肉などは、不安を引き起こす原因となります。長期に渡って不安や心配に悩んでいる場合、心を守るために身体が硬くなり、短く浅い息を無意識に繰り返している可能性があります。心と身体は密接に関係しているため、ヨガで深呼吸を促し、筋肉をリラックスさせることで、心配や不安を軽減します。また、ヨガはストレスホルモンであるコーチゾルのレベルを下げ、ハッピーホルモンであるセロトニンの分泌を促し、心配や不安を軽減します。

CBDオイルには不安解消などリラックス効果があり、睡眠導入および睡眠継続の両方に効果が認められています。
高品質で安心安全な、オーガニック栽培された米国産産業用ヘンプを使用!世界20か国で親しまれる米国最大手のCBDブランドの1つ「CBDfx」の商品はJANIS STOREで購入できます。。

12.マインドフルネスを向上します。

日本でも注目されるようになってきた「マインドフルネス」ですが、マインドフルネスのCDやレッスンを受けたりする必要はありません。「マインドフルネス」とは、自分が行う行動に少し意識を傾け集中することで、今という瞬間や生きているということを意識するテクニックです。ヨガで気持ちを落ち着け、余計な事を考えないことで、今という瞬間を意識し、マインドフルネスを向上させることが可能になります。マインドフルネスを向上させることで、自分の心身だけでなく、周りの環境の変化も敏感に感じ取れるようになり、より健康的な食事や食材を選んだり、必要な時に休憩したりと、心身のためになる事を自然と選べるようになるでしょう。

13.精神の健康を改善します。

ヨガを含むあらゆる運動が、うつ病の症状軽減に役立ちます。うつ病、統合失調症、睡眠障害やその他の精神病に悩む人には、ヨガが効果的だという研究結果があります。これは、ヨガにはグラウンディング効果があるだけでなく、気分を改善する作用があるためです。

14.気持ちを前向きにします。

あなたの行動や考えは、その時の気分と自分に対する気持ちに大きく左右されます。そのため、思考や物事に対する姿勢をポジティブに保つことが大切です。ヨガの練習の最初に、その日のレッスンの意図を決定し、現在という時間に焦点を当てることで、否定的な考えに、いち早く気づくことが出来るようになります。否定的な思考に気づき、理解することで、それを深呼吸法やマインドフルネスを使って新たな思考と置き換えることができます。これにより、心理的ストレスを軽減し、気持ちを前向きにします。

15.肌のコンディションを改善します。

ストレスや栄養不足などで最初に現れる症状は、肌の荒れです。プラナヤマや瞑想に加えてアクティブなヨガポーズを組み合わせることで、体内の全ての循環が良くなり、ストレスが軽減され、ニキビや湿疹などの肌の荒れを改善します。

16.「自分のための時間」を設けることができます。

周りを気遣い、人のために尽力したり世話をしたりすることは、人として大切なことですが、そんな人にとって、少しであっても「自分のための時間」を持つことはとても重要です。人に何かを与えるためには、まず自分が満たされなければなりません。「世の中を変えるには、まず自分が変わらないといけない」とガンジーが言ったように、「自分のための時間」を活用して自分を満たせば、余裕を持って周りにも気持ちを向けることが出来るでしょう。

17.あなたの想像力を高めます。

ヨガの瞑想やマントラ、深呼吸法などを含むマインドフルネス効果が、脳を刺激することで脳のα波を増やすことができます。これにより、脳の想像力を司る領域が刺激され、想像力やクリエイティビティが高まります。

18.脳脊髄液を補給します。

ヨガで脊髄を安全かつ健康的な方法で動かすことによって、脳脊髄液の分泌を促します。脳脊髄液は、夕方ごろになると重力で圧縮され「少ない」状態になります。そのため、夜になると身長が少し縮んでしまう人もいます。下向き犬のポーズなどの背骨を伸ばすポーズとインバージョンポーズは、私たちの身体にとって大切な脊髄に水分を補給してくれます。

19.脳を活性化します。

身体をひねるア-サナや身体の上で手足を交差させるポーズ(クロスクロール)は、脳を活性化させるのに最適です。日常的に脳のバランスを保持するために、ナディ・ショーダナ呼吸などを取り入れ、精神を落ち着かせて脳を活性化させましょう。

20.小さな空間でも大丈夫です。

他の運動と異なり、自分の身体の大きさと同じスペースがあればヨガを練習することが可能です。飛行機の中でも、オフィスの中でも、様々な場所で出来ます。

Photo by madison lavern on Unsplash

21.呼吸を改善します。

ヨガ初心者の中には、呼吸法で苦労する人が多くいますが、練習を重ねるうちに呼吸法が自然と身に付きます。より完全に深く呼吸するだけで、健康全般に大きな効果をもたらすため、毎日練習するのが理想的です。プラナヤマなどの呼吸法は、お腹の底から肺へとゆっくり呼吸することで、交感神経系を落ち着かせるメッセージを脳に送ります。交感神経系は、ストレスを感じた時の闘争・逃走反応を司ります。

22.喘息の症状を改善します。

従来の喘息治療に取って代わることはできませんが、ヨガは喘息の症状を軽減する効果があるため、従来の治療法と一緒に用いることが理想的だとの研究結果がでています。これは、プラナヤマなどの呼吸法が大きく作用していると考えられます。

23.心臓病のリスクを軽減します。

ヨガは、ウォーキングなどの心臓に良いとされる従来の運動と同様の効果があると最新の研究で報告されています。研究では、アクティブなものからリストラティブなものまで様々なスタイルを試しましたが、どのスタイルのヨガにも血圧を下げ、LDLコレストロール値を下げる効果が見られました。また、適切な食事療法とストレス軽減を合わせて行うと、心臓病の進行を遅らせる効果があることも分かりました。

まとめ

様々な研究が進むにつれて、明らかとなったヨガの効果は無限大ですが、その中から45の理由を選んでみました。そのうちの23の理由を前編としてご紹介しましたが、これらの多くが科学的根拠によって立証されています。ハードなトレーニングのように「身体の休息日」を必要とせず、毎日練習することで様々な効果が現れます。たとえ、1日15分だけでも毎日続けることで大きな成果を得られるでしょう。

参考元:Ekhart YogamindbodygreenNetDoctor

日本発!エコフレンドリーなハイブリッドスタイルの新感覚トレーニング・ヨガマットが誕生!サスティナブル×アートが融合した次世代のヨガマットで、美しく健康的なカラダを目指しませんか?
ライフアクティベーションのヨガマット公式サイトはこちら
ヨガやエクササイズの動画も配信中。ライフアクティベーション公式動画チャンネルはこちら
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加